社員紹介

2001年4月入社・システム部マネージャー

マネージャー

自分の持っているものをチームに展開して周りのメンバーの成長も促せる、
そんなマインドを持てる人と仕事がしたいです。


アーチを選んだ決め手は?

学生当時、既にITは生活の様々なところに普及してきていて、便利さを実感していました。
そんな世の中を便利に変えるビジネスであるIT業界で、
できることなら自分も働いてみたいと考えるようになっていました。
当時はまだ、この業界の採用は理系学生が中心で、
比較的文系学生を採用している企業はそこまで多くなかったように思います。
しかし、アーチでは、自社の教育カリキュラムを通して、
経験ゼロからスタートした文系出身の先輩方が多く活躍されていることを面接等で知り、
それなら自分も努力次第で何かできるのではと思ったのが決め手でした。

学生時代に思っていたことと、入社してから感じたことのギャップは?

学生時代、パソコンの操作すらままならなかった私は、
システム開発の仕事って漠然と垢抜けた感じ?のイメージを勝手にもっていました。
しかし、入社してからの特に数年間、新規開発~保守まで経験しましたが、
設計書などドキュメントの作成には四苦八苦し、ひたすらプログラムと格闘する日々。
なんて地道で泥臭い仕事なんだと痛感したことがギャップでした。
そういった苦しい経験をしたことが、
今の自分にとってベースとなる一つの大きな財産となっています。
そんな風に今感じていることも、
学生時代には想像もしていなかったことなのでギャップかもしれません。

将来の自分の目標は?

変化に対して柔軟に対応できるように、常にアンテナを張り、
先を見据える力を少しずつでも身につけることです。
現場の中だけでなく、自分が携わるプロジェクトに対して、
会社から何を求められているのかを念頭に、
パートナー企業やお客様とコミュニケーションを密にとるなどして、
プロジェクトの状況を見極めて、常に1か月、1年、5年先の未来を見据えた
プロジェクト管理をしていけるようになっていきたいです。
あと、車が好きなので、セカンドカーに自分の好きな車を買って乗り回したいです(笑)

部下として欲しい人材は?

立場に関わらず、共に成長していける人です。
プログラミングが得意な人、長くプロジェクトにいてお客様の業務に詳しい人など、
そういった個の集まりであるチームは、個々を補いあって初めて成り立つものであり、
そこから更に全員でお互い切磋琢磨していって更に成功するものだと思います。
ですから、黙々と自分の与えられた仕事だけをこなせばいいという閉じたマインドでなく、
自分の持っているものをチームに展開して周りのメンバーの成長も促せる、
そんなマインドを持てる人と仕事がしたいです。

就職活動中の人へのアドバイス

会社は、どこで働くかよりも、そこで何ができるかが大事だと思います。
就職を決める要素の優先順位は人それぞれあるかも知れませんが、
就職活動で私が一番大事だと考えるのは、
今自分ができることや向き不向きなどにあまり拘らず、
シンプルにやってみたいことがそこで実現できるかどうかを最優先にすることです。
実際に社会に出てからでも、今足りない仕事に必要な知識、スキルは、
努力次第で後からついてきます。
入社して与えられた仕事が、
就職活動中に思い描いていたやりたいことに全く繋がるものでなかったら、
例え有名でどんなに環境の良い会社であったとしても、きっと長く続きません。
今就職活動を行っている皆さんには、現在の自分に見極めをつけず、
とにかくやってみたいことを第一に就職活動をして欲しいと思います。